TOP カテ一覧 スレ一覧 100〜終まで 2ch元 削除依頼
☆森高千里★統一スレ【75】
矢野顕子 Part3
諫山実生をゆくーり応援しよう〜PART3〜
《 松任谷由実 69 》
JUNNA part7
【バービーボーイズ】  杏子3  【ボーカル】
hiro:n のスレ
miwa Part130
イタすぎるaikoジャンキースレ★14
Aimer vol20

安室奈美恵と中森明菜アルバム11.8発売


1 :2017/11/05 〜 最終レス :2018/08/27
☆オリジナルアルバム『明菜』2017.11.08 In Stores!!
【初回盤:CD+2018年CDサイズカレンダー】UPCH-7366:UNIVERSAL J/4,100円(tax in)
【通常盤:CD】UPCH-2140:UNIVERSAL J/3,240円(tax in)
☆80'sディスコソングカバーアルバム『Cage』2017.11.08 In Stores!!
【初回盤:CD+DVD(メイキング映像)】UPCH-7367:UNIVERSAL J/4,100円(tax in)
【通常盤:CD】UPCH-2141:UNIVERSAL J/3,240円(tax in)
『明菜』+『Cage』【初回盤】D2CJ-5171:UNIVERSAL J/8,200円(tax in)
『明菜』+『Cage』【通常盤】D2CJ-5172:UNIVERSAL J/6,480円(tax in)

2 :
35 名前:名無しの歌姫 :2017/11/18(土) 12:45:30.59 ID:oKrmxTYq0
しっかし、明菜も今年はついてなかったわねー

満を辞して発売した「Vampire」のCDは大コケ。

35周年記念を飾るカバーアルバムも、
メインカバー曲になるはずの「ダンシング・ヒーロー」が
まさかの本家・荻野目洋子でリバイバル・ブーム。
後輩歌手の人気復活に便乗したみたくなって、明菜側は慌てて露出を封印。

一方、カバーと一緒に、オリアルを同時発売して、
隙間週二作同時ランクインを達成させ、大々的にニュースを流し、
カバーとオリアルの二局体制&歌姫完全復活のアピールを画策するも、
まさかの安室引退発表、ベストアルバムを同日にぶつけられ大苦戦。

なんとか二作同時ランクインを達成させたものの、
安室初動ミリオン突破&年間アルバム1位獲得のニュースが世の中を席巻。

数千枚ギリギリでランクインした明菜の二作は、
ニュースにすることで逆に安室との差が浮き彫りになると、
35周年最大の宣伝ニュースを見送ざるえない事態に。

話題披露のタイミングを失ったままディナーショーの幕は上がる。
各会場、満員御礼の大盛況ではあるものの
数百人規模のディナーショーでは、やはり盛り上がり拡散は薄く
世間が気づくこともないほど、ひっそりと三公演が終わってしまった。

年の瀬も近づき、いくつかの華やかな大型音楽番組の話題も出始めるが、
そこに中森明菜の名はまだ出て来ていない。
デビュー35周年、これでいいのか、中森明菜?


↓↓↓↓↓


中森明菜最新アルバムオリコンウィークリー
Cage(カバーアルバム) 売上 7563枚
明菜(オリジナルアルバム)売上 6922枚

配信
明菜/中森明菜 売上363ダウンロード
データ提供配信事業社(五十音順):iTunes/mu-mo/mora/レコチョク

3 :
今年も大量売れ残り祭りの松田聖子ディナーショーこれでいいのか松田聖子?


松田聖子 クリスマスディナーショー 2017 ホテル日航金沢 8月27日販売開始 空席あり
https://www.hnkanazawa.jp/news/news_detail.html?news=615

松田聖子 クリスマスディナーショー 2017 グランドハイアット福岡 9月9日販売開始  空席あり
https://fukuoka.grand.hyatt.com/ja/hotel/meetings-and-events/events/other-events.html

松田聖子 クリスマスディナーショー 2017 ホテルニューオータニ大阪 9月10日販売開始  空席あり
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050006P002001863P0030204P0006

松田聖子 クリスマスディナーショー 2017 ホテル東日本宇都宮 9月19日販売開始  空席あり
http://www.hotelhigashinihon.com/event/6839/

松田聖子 クリスマスディナーショー 2017 ホテルグランヴィア岡山 9月23日販売開始  空席あり
http://granvia-oka.co.jp/event/1352.html

松田聖子 クリスマスディナーショー 2017 ホテル日航高知旭ロイヤル 9月23日販売開始  空席あり
http://www.nikko-kochi.jp/news/i_event/
        ,, -──- 、._
        .-"´         \.
       :/    _ノ    ヽ、_ ヽ.:
        :/   o゚((●)) ((●))゚oヽ:
      :|       (__人__)    |:
      :l        )  (      l:
      :` 、       `ー'     /:
       :, -‐ (_).        /
       :l_j_j_j と)丶─‐┬.''´
          :ヽ   :i |:
             :/  :⊂ノ|:

4 :
あらゆる中森明菜スレ主・谷田広秀本人が言い訳しに来てるわ
言い訳もやっぱり自演よw


791 名前:陽気な名無しさん :2017/11/19(日) 13:11:18.97 ID:x7KPAn+R0
横から失礼だけど
(ココ)明菜スレ主と谷田広秀は同一人物じゃないわよ?
いつの間にそんな話しになってんのか知らないけどw
私も数年抜けていきなり参加してるから途中経過知らないけど

↓↓↓↓↓キャラ替え↓↓↓↓↓

794 名前:陽気な名無しさん [sage] :2017/11/19(日) 13:20:24.25 ID:MtJHj+lp0
谷田のFB見りゃ簡単なのにね
普通に「2チャンで軽くプチ有名になってます」って書いてるわよw
明菜ファンも公言してるから彼だと思うけど

798 名前:陽気な名無しさん :2017/11/19(日) 13:27:02.52 ID:MtJHj+lp0
>>796
あんたその谷田広秀の呼び方もわからない馬鹿でしょ?

800 名前:陽気な名無しさん [sage] :2017/11/19(日) 13:31:19.99 ID:MtJHj+lp0
明菜スレ主と谷田広秀を同一人物と思ってた馬鹿が何言っても効力ないわよね〜ww

801 名前:陽気な名無しさん :2017/11/19(日) 13:32:08.93 ID:MtJHj+lp0
FB見ろって何度も言ってんのに
FB恐怖症かなんかなの?ww

↓↓↓↓↓キャラ替え↓↓↓↓↓

802 名前:陽気な名無しさん :2017/11/19(日) 13:38:37.09 ID:x7KPAn+R0
自演でもなんでもいいけど
谷田広秀って検索しても2ちゃんで書かれた事しか出てこないじゃないw
って思ったら漢字と英語表記で入れたらFB出てきたわw

★★★明菜/Cage〜中森明菜〜Vol.186★★★・
http://medaka.2ch.sc/test/read.cgi/gaysaloon/1510094367/791

5 :
邦楽もおもしろいけど、小遣い稼ぎの方法とか

グーグル検索⇒『増田のセンジョイウツツノ』

4IUOB35F36

6 :
ファン視点ならマイナーないい曲とかよく聴いたらいい曲ってのはどのアーティストにもあるから
そんなのは言うまでもない話

7 :
和田アキ子/ダンス・ウィズ・ミー(1976年)

作詞 千家和也
作曲 浜田省吾
編曲 高田弘

https://www.youtube.com/watch?v=_chvotTtvJw

8 :
すごくおもしろい嘘みたいに金の生る木を作れる方法
興味がある人はどうぞ
検索してみよう『ネットで稼ぐ方法 モニアレフヌノ』

W28

9 :
誰でもできる稼ぐことができるホームページ
念のためにのせておきます
2chまとめで副業できる方法とは?さりげなく検索しちゃおう『立木のボボトイテテレ』

3TI

10 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

11 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

12 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

13 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

14 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

15 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

16 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

17 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

18 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

19 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

20 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

21 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

22 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

23 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

24 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

25 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

26 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

27 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

28 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

29 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

30 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

31 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

32 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

33 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

34 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

35 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

36 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

37 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

38 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

39 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

40 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

41 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

42 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

43 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

44 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

45 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

46 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

47 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

48 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

49 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

50 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

51 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

52 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

53 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

54 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

55 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

56 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

57 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

58 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍滑限の翌日に会血ゥを設定したとb「う。
「演我したのも事試タで、なかなかャ`ームに貢献でbォなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

59 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

60 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

61 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

62 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

63 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

64 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

65 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

66 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

67 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

68 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

69 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

70 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

71 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

72 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

73 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

74 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

75 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

76 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

77 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

78 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

79 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

80 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

81 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

82 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

83 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

84 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

85 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

86 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

87 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

88 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

89 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

90 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

91 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

92 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

93 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

94 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

95 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

96 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9血9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

97 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

98 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

99 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

100 :
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。


100〜のスレッドの続きを読む
分島花音 part13
短足の森高
宇多田ヒカル統一スレ♪430♪
aiko LOVE LIKE HOP Vol.576
【アニソン】河野マリナ総合スレ
JUNNA part3(ワッチョイ有)
【みっちゃん】みちよ【いい子なのにね】
Rie fu Part10
西野カナPart61
【いちご】 木村カエラ Level130 【NEWアルバム】
--------------------
【新型肺炎】大型クルーズ船内で新型肺炎の疑い 6千人下船できず
テンバガー候補銘柄★63【本スレ】
椅子席増やせ!小瀬スポーツ公園陸上競技場
ボルグサンプフェデナダルジョコが同世代だったら
北方謙三 “チンギス紀 第1章” すばる30周年
◆ボードゲーム・カードゲーム総合◆ その191
【未診断】診断対象外の隠れ発達障害2【症状有】
ツインソウル脱獄プロジェクトの嘘 5 絶望の正体
【DQR】ドラゴンクエストライバルズ LV1377
【一人が快適】 再婚せず一人で生きていく×男性
BATTLEFIELD 1942 Vol.640
まわせーっ!!
規制中
N国党首、立花、NHKに訴えられる [434094531]
2019年選手権大会 最弱代表はどこだ!? Part2
【FS】イタリアの鉄道
Linux MLD mini
【レゴランド】名古屋市職員採用試験Part63
南紀白浜アドベンチャーワールド26【和歌山パンダ】
フリーゲーム紹介依頼スレ Part53
TOP カテ一覧 スレ一覧 100〜終まで 2ch元 削除依頼